洋楽とロックと英語レビュー

Gunsn style

まとめ・ランキング

ドライブにおすすめの洋楽ソング5曲【70~80年代】

2020年2月3日

ドライブ中に聞くとすごく盛り上がる洋楽ソングの紹介です。

自分が70~80年代洋楽ロック・ポップス好きなので、そのへんの感じの曲が好きな人に特にぴったりです。

それぞれに感想をつけていますので、知っている人は当時を思い出しながら、知らない人は新たな洋楽の魅力を感じてもらえたら嬉しいです。

[Ads]
※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

ドライブおすすめ洋楽ベスト

1位:「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」ドゥービー・ブラザーズ

1960年代から現在まで第一線で活躍し続けるアメリカの「ウェスト・コーストロック」バンドです。

ロックをベースにしつつ、爽やかなメロディと軽やかなリズムが耳に心地よく馴染みます。

この曲は1972年にリリースされた「トゥールーズ・ストリート」からのシングルカットで、ビルボードチャートでは全米11位を獲得しています。

私がこの曲を知ったのが、それから約20年後の89年。

当時リリースされた「サイクルズ」のシングル曲「ドクター」で彼らを知り、その爽やかで懐かしいロックに魅かれて、過去の曲を探している時に出会ったのが「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」でした。

それから成人してバイクや車に乗るようになってからは、この曲がロングドライブの定番になりましたよ。

まさに「西海岸」を彷彿とさせる爽やかなロックです。

2位:「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル

元ゴーゴーズのボーカル・ベリンダのファーストソロアバム「Belinda」(1986)からのシングル曲です。

生き生きとして爽やかな彼女の魅力を存分に詰めた楽曲で、聞いているだけで楽しくなってきます。

当時の米ビルボードヒットチャートで3位を記録したほどですから、アメリカ国内での人気の高さもうかがえます。

この曲を初めて聞いた当時は私はまだ中学生で、学校帰りにお気に入りの洋楽PV番組を毎日見てました。

その時に流れていたのが、この「マッド・アバウト・ユー」で、それまで抱いていたアメリカの華やかさ、明るさ、楽しさが具現化したようなミュージックビデオと、曲に目と耳が釘付けになったことを今でも覚えています。

成人してバイクや車に乗るようになってからも、彼女のアルバムは車内(もしくはウォークマン)BGMの常連で、特にこの曲は海沿いを流すときに聞くと最高な気分に浸れましたね。

初めて聞いたころのワクワクした感情が今でも聞くたびに蘇ってくる、思い出の歌です。

今なお美しいべリンダ・カーライルの大ヒット曲「ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」

87年に発表の「Heaven on Earth」からのシングルカット「Heaven Is A Place On Earth」がビルボード1位を獲得、世界中で大ヒットとなる彼女の代表曲となった。 べリン ...

続きを見る

3位:「ウォンテッド・デッド・オア・アライブ」ボン・ジョヴィ

アメリカの代表的ロックバンド「ボン・ジョビ」の3thアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリート」(1986)からのシングルカットです。

全米ビルボードチャートでは7位を記録。

この曲を初めて聞いたのが、洋楽のラジオチャート番組から。

アメリカのヒットチャートを日本語で紹介するAM放送番組で、中学生だったときに聞いて「西部劇が似合う曲だな」と印象を持ったのを覚えています。

それまでボン・ジョヴィといえば「リビング・オン・ア・プレイヤー」のイメージがあって、どちらかといえば「熱い爽やかなロックを歌うバンド」で好きだったので、この曲のもつ「乾いたワイルドさ」は正直あまりこの時は好きになれませんでした。

それが変わったのが10代後半にオートバイに乗り始めてから。

バイク好きだった友人に合わせてアメリカンタイプのバイクを購入し、気に入った曲をウォークマンで聞きながら走ってました。

このときにハマってた映画が「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」で、そのサントラがこの曲だったというわけです。

もちろんバイクBGMの常連でした。

車に乗り始めてからはあまり聞かなくなりましたが、バイク乗りにはすごく良く合う曲だと思います。

【2大バンド比較】ボン・ジョヴィVSデフ・レパードは炎と氷の戦いだった!

ボン・ジョビとデフ・レパードの比較レビューです。 どちらも80年代を代表する世界的スーパーロックバンドであり、私の青春時代を飾った偉大なる「カジュアルロック」の代表バンド。 キャッチーで熱くてメロディ ...

続きを見る

4位:「キック・スタート・マイ・ハート」モトリークルー

アメリカのハードロックバンド・モトリークルーが1989年にリリースした5thアルバム「ドクターフィール・グッド」からのシングル曲です。

メンバー全員がドラッグ絶ちをして作られたこのアルバムは、その努力にふさわしい「全米ナンバー1」のランキングを記録しています。

曲字体は27位とチャート上ではそれほど奮いませんでしたが、その疾走感マックスな楽曲は車やバイク好きにとっては「ガソリン」のような爆発力を持っていますね。

私も学生時代にバイクでこの曲を聞きながら、海岸沿いの国道を毎日ノリノリで走ってたもんです(今思うと危ないですが)

格闘技をやっていた友人は、スパーリングやトレーニングのときに横で流していたとか。とにかくアドレナリンが湧いてくるんですよね、これを聞いてると。

今も変わらず熱いビートをもった永遠の「ドライブソング」です。

モトリークルーのキック・スタート・マイハートと危険すぎる過去

1989年の「ドクターフィールドグッド」からのシングル。 ドラッグ、アルコール中毒から立ち直りつつあったバンドメンバーの渾身の一枚。 アルバムタイトルもそこから来ていると思われる。 全米チャートで上位 ...

続きを見る

5位:「ロコモーティブ」ガンズ・アンド・ローゼズ

世界的ハードロックバンドの一つ・ガンズアンドローゼズの3枚目のオリジナルアルバム「ユーズ・ユア・イリュージョン2」に収録された楽曲です。

1との2枚組で発売されたこのアルバムは、それぞれビルボードチャート全米2位と1位を獲得しています。

ガンズといえば「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」や「ユークッビーマイン」「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」が有名ですが、シングルカットされていない、こういうアルバム収録曲も「ビビッ」とくるのが多くあります。

この曲もその一つで、ドラム・ベース・ギターが刻む周期的なリズムやリフが列車のそれに酷似していて、聞いてるだけでどこか遠いとことに旅立つようなワクワク感を感じてしまいます。

バイクや車で気持ちよく飛ばしたいときには、この曲をよく聞いていましたね(今ではしてませんが)

ドライブ以外にも電車で寝ている時に聞くとすごく良く寝れるから、ある意味、睡眠導入剤のようなリズム感をもった歌だと思います。

[blogcard url="https://gunsnstyle.com/guns-and-roses-best-10-songs/"]

まとめ

ドライブに聞くと心地よくなる洋楽を紹介してみました。

海岸線や山の緑を見ながら曲をかけて走るのが一番気持ちいいですね。

自然と絶妙にマッチングする洋楽たち。

エンジンの疾走感が心臓の鼓動に同期するところがまた本能に響いてきて最高。

皆さんのドライブソングはどんなものが良いですか?

【PR】Amazon「車・バイク」ストア

洋楽ロックTシャツおすすめ【19選】

ロック好きのためのお洒落アイテムの定番、ロックTシャツです。 1950~60年代、1970年代~1980年代にデビューしたロックアイコンのTシャツをそれぞれ取り上げてみました。 好きなアーティストやバ ...

続きを見る

洋楽ロックスター御用達のスニーカー・ブーツ3選

スラッシュが履いているスニーカーと洋楽ロック系をイメージしたブーツの紹介です。 80年代に活躍したロックミュージシャンの多くはスニーカーを愛用していたと記憶しますが、ガンズのメンバーの中でもとくにスラ ...

続きを見る

海外ロックスター腕時計!セレブ御用達の人気高級ブランド【9選】

ロックスター愛用モデルの紹介です。 スターたちの手元を豪華に飾るブランド腕時計は富と名声の象徴ですよね。 自分もいつか好きなロックミュージシャンと同じものを身に着けたい・・ そんな想いを胸に今回の腕時 ...

続きを見る

洋楽ロックスターをイメージした香水【20選】を紹介

洋楽ロックリスナー歴40数年の筆者がチョイスした「おすすめ香水20選」です。 洋楽ロックファンなら一度は考える「自分の好きなスターが身につけているファッションが欲しい」という欲求。 「香り」は本能に直 ...

続きを見る

ロックとバイクに合うアクセサリーおすすめ6選

ロック好きであり、元バイカーでもある私の「アクセサリー」の思い出と、有名ブランドの紹介です。 音楽とアクセサリーが相性が良いのはもちろん、バイカーとアクセも相性抜群です。 男女問わず「バンドを組んでい ...

続きを見る

[Ads]

-まとめ・ランキング

Copyright© Gunsn style , 2024 All Rights Reserved.